筋トレ

初心者向け筋トレ用ベンチを解説!フラットベンチがおすすめです!

更新日:

トレーニングベンチには色々の種類があり、数千円で買えるものや、数万円以上するものがあったりで、何を購入していいのか分からない人も多いと思います。

この記事では初めてトレーニングベンチを購入しようとしている人のためにおすすめのトレーニングベンチを紹介します。

購入を検討している人は参考にしてみてください。

ベンチの選び方を解説、初心者はフラットベンチ一択

トレーニングベンチには色々な種類があり、それぞれで行えるトレーニングが限られます。

自分がどんなトレーニングをしたいのかに合わせてトレーニングベンチを選ぶ必要があります。

初心者にはフラットベンチをおすすめしますが、どんな種類のベンチがあるかも知っておきましょう。

トレーニングベンチの種類

INAZUMA
トレーニングベンチってたくさん種類があってよくわからないな
初心者は最もポピュラーなフラットベンチがおすすめだ!

フラッットベンチ

出典:https://www.amazon.co.jp/リーディングエッジ-固定式-フラットベンチ-LEFB-005/dp/B008I63XXE/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1516806556&sr=8-9&keywords=フラットベンチ

フラットベンチは最も一般的なシートが水平なタイプのトレーニングベンチです。

シンプルな見た目ですが、これひとつであらゆるトレーニングができるので、初めてのベンチとしておすすめです。

アジャスタブルベンチ

出典:https://www.amazon.co.jp/IROTEC-アイロテック-MPBEX-マルチパーパスフォールディングベンチ-【組立不要】/dp/B00JOA0T1M/ref=sr_1_8?s=sports&ie=UTF8&qid=1516806673&sr=1-8&keywords=アジャスタブルベンチ

アフジャスタブルベンチはシートの角度を調節できるトレーニングベンチで、調整できる角度は商品によって変わります。

頭側の角度を調整できるものを「インクラインベンチ」といい、頭側を下げることができ「デクラインベンチ」として使用できたり、シートをフラットにして 「フラットベンチ」として使用できたりするものを「フルアジャスタブルベンチ」と言います。

シットアップベンチ

出典:https://www.amazon.co.jp/IROTEC-アイロテック-シットアップベンチ-腹筋強化の定番商品%E3%80%82-お洒落なデザイン♪コンパクトに折りたたみ可能%E3%80%82ダイエット器具/dp/B0041IQV8C/ref=sr_1_1?s=sports&ie=UTF8&qid=1516806762&sr=1-1&keywords=シットアップベンチ%E3%80%80irotec

シットアップベンチとは文字どおり「シットアップ(腹筋)」を行うためのトレーニングベンチです。

脚をかけるところがあり、シートが斜めになっているので、シットアップを行う際に高い負荷をかけ、トレーニングを行うことができます。

シートをフラットにしてフラットベンチとしても使用できるタイプのものもあり、魅力的な商品に思えますが、どっちつかずの商品であることが多いので、初心者の人は惑わされないようにしましう。

フォールディングベンチ

出典:https://www.amazon.co.jp/フラットベンチ-ダンベル-トレーニング-耐荷重300kg-折りたたみ式/dp/B072V8NKPY/ref=sr_1_3?s=sports&ie=UTF8&qid=1516806843&sr=1-3&keywords=フォールディングベンチ%E3%80%80筋トレ

フォールディングベンチは脚をたたんで収納できるタイプのトレーニングベンチです。

脚が固定されてない分、強度など心配な部分もありますが、最近のものはきちんとしたものも多いので、十分なスペースがない人は検討するといいでしょう。

自分に必要だと思うものを購入しよう

以上のベンチの中から、自分が必要だと思うものを選びましょう!

おそらく初心者の人はどのベンチを購入していいのかわからないと思うの、そんな人はまずフラットベンチを購入することをおすすめします。

フラットベンチは見た目のシンプルさでわかると思いますが、一番基本的なベンチです。

値段もこの中では一番安いし、基本的な筋トレメニューを行うのにも、なんら支障はありません。

次にフラットベンチを選ぶ具体的に選ぶポイントを解説します。

トレーニングベンチを選ぶポイント

INAZUMA
フラットベンチにも色々な種類があるんだね
そう!選ぶポイントを解説するから参考にして!

耐荷重量

耐荷重とはどれだけの重さに耐えられるのかを示したもので、安全に使用するためには頑丈なものを選ぶ必要があります。

トレーニング中に壊れてしまうなんてことのないように少なくとも200kgの耐荷重量があるものを選びましょう。

折りたためるかどうか

トレーニングベンチには折りたためるものとそうでないものが存在します。

折りたためるものは使わないときにコンパクトにたたんで収納できるのでスペースがあまりない人は折りたたみ式を選ぶといいでしょう。

折りたためるものだと強度が少し心配に思う人もいるかとは思いますが、耐荷重量は200kg以上のもの多いので、心配は無用です。

とにかく安いものが欲しい人におすすめ

INAZUMA
やっぱり初めてだから安いやつが欲しいな
値段で選ぶのは危険!壊れて怪我でもしたら元も子もない!

トレーニングベンチにそんなにお金はかけられないけど、なんとか良いものが欲しい!

そんな人のために、最低限の条件を満たしたトレーニングベンチをお紹介します。

リーディングエッジ 固定式 フラットベンチ LEFB-005

eSPORTSという日本のメーカーが販売している信頼できる商品です。

頑丈なフレームで、耐荷重量は300kgあります。

シートの厚さは7cmもあり、使用感も抜群。

本格的なトレーニンングを行う人にもおすすめできる商品です。

値段も安価なので初心者の人が初めて購入するベンチとしては最適だと思います!

リーディングエッジ フォールディング フラットベンチ LE-FFB

同じくeSPORTSから発売されているベンチで、先に紹介したLEFB−005のコンセプトを受け継ぎ、折りたたみ式になったものです。

使わないときはたたんで収納することができます。

折りたたみ式であるにもかかわらず耐荷重量は300kg!

LEFB-005とはフレームの形状を変えることで、折りたたみ式にもかかわらず高い安定性と耐荷重量を実現しています。

こちらも安価であるため、初心者の人も購入しやすいと思います。

少し良いものが欲しい人におすすめ

より高品質を求めるなら1万円以上はする!

安価な初心者エントリーモデルより、お金はかかてっもいいけど更に高品質のものが欲しいという人のために、高品質フラットベンチも紹介します。

IROTEC(アイロテック) フラットベンチEX

国内の大手トレーニング用品メーカーであるIROTECが販売するフラットベンチです。

3本脚なので、トレーニング中に脚が邪魔になることもありません。

4本脚と比べると、安定性が不安に思えるかもせれませんが、安定感は問題ありません。

さすが信頼の IROTECという感じです!

値段は1万円以上しますが、それだけの価値はあるはずです!

トレーニングベンチの購入が初めてでも、良いものを購入すれば、モチベーションを高く保つことができるでしょう。

お財布に余裕のある人はこちらをおすすめします!

この記事のまとめ

メモ

トレーニングベンチには色々な種類がある

初めてのトレーニングベンチはフラットベンチがおすすめ

何を購入するか迷ったら紹介した3つのうちから選べばOK

 

RECOMMEND

-筋トレ

Copyright© ガリガリラボ , 2019 All Rights Reserved.